アルミ鋳物のオリジナルテーブルアーム

2017年10月14日

Pocket

LBSC-project


ジェラート屋さんの内装デザインプロジェクトです。

 

 

店舗の為にオリジナル製作したスタンディングベンチのパーツ(テーブルアーム)の製作過程を紹介します。

スタンディングベンチから突き出したテーブルアームはアルミ鋳物で製作をしました。

 

アームを砂型から脱型したところ。
両端のコーン型の塊は注湯する部分で後で切断します。

 

原型となる樹脂型

 

溶解炉からアルミをくみ出します。

 

砂型にアルミを注湯。注湯口からなみなみとアルミを注ぎますが、アルミが冷めると体積が収縮していきます。

 

スタイロで作ったモックアップから検討が始まります。

 

テーブルを支える座の部分アップ

 

モックアップ、図面、スケッチを使って工場と形状の相談をします。青い部分は湯が回らないとのことで工場からの形状の修正依頼

 

肉を盛って修正した形状。切削加工を考えてビス穴の位置を検討します。おおまかな形状が決まったらモックアップをベースにライノセラスで3Dモデリングして型の製作へ回します。

 

製品はこんな感じ。
アームの製作は以前に工場のリノベーションをやらせていただいた群馬の株式会社内外さんに協力して貰いました。超短い納期に対応してくれて感謝です。つい先日インド工場も開所した元気な会社です。
 
リビスコ銀座店 中央区銀座3-7-12 2F
フレッシュなジェラートがおいしい軽井沢の有名店。東京初進出です。
銀座に出た時は是非お立ち寄りください!
 
Pocket

タグ:

Leave a Comment